2011年05月30日

モンドセレクション受賞


雨の1週間が終わりました。
雨好きやのに・・・

生家脇の細道

CIMG1018.JPG

きれいですよね。
道沿いを行けば、慎太郎が飛び込んで遊んだといわれる
「まきの淵」につきます。
梅雨のうちに、若草のきれいなうちに
是非、お散歩してみてください。



お話は変わりますが、北川村ゆず王国鰍ェ
2011年5月24日『モンドセレクション賞』を受賞いたしました!!

CIMG1026.JPG

少しピリッとしてお料理の調味料に最適です。

顕彰会の売店でも商品を取り扱っております。
お立ち寄りの際は手にとって見てみてください。
posted by 顕彰会 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

清掃活動


慎太郎館の周辺清掃を行いました。

【まきの淵】
CIMG1015.JPG

【慎太郎館裏】 
CIMG1022.JPG 

【頌徳碑記念公園】
CIMG1024.JPG

CIMG1012.JPG

【遺髪墓地】
CIMG1010.JPG


ぼぉぼぉになった草も刈上げて
きれいさっぱりぴかぴか(新しい)
雨と草刈の後の独特な緑の匂いが漂っています。
posted by 顕彰会 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

春の北川村をめぐるウォーク

CIMG1004.JPG
北川村散策ツアーに同行しました!!
朝まで雨が降っていましたが、
運よく晴れ。

雨水で濡れた葉っぱが光り、
景色は最高に綺麗でした。

【モネの庭マルモッタン】
モネが大切に思っていたもの、こだわっていたこと等
庭師の川上さんが丁寧にガイドしてくださりました。

CIMG1000.JPG

CIMG1003.JPG



【中岡慎太郎史跡めぐりウォーク】
地元ガイドの方と野川口から慎太郎生家まで約4km山沿いを歩きました。
生家では顕彰会がガイドをしましたが、
正直なところ初ガイドで、お客様にご満足いただけるような
ガイドはできませでした。反省ばかりです。
が!!もっともっと練習して
お客様を引き付けるガイドができるようになりたいです。


【小島・不動の滝めぐりウォーク】
小島「北川温泉」で食事の後、
小島橋から不動の滝までの道を約1.5km歩きました。
高い位置から、雄大な山と川が望め
極めつけの滝では、大きな岩の間に流れる水の迫力に
お客様からは感動の声が上がっていました。

CIMG1004.JPG

CIMG1007.JPG

この日、お客様に書いて頂いたアンケートから
地元ガイドの方へのお褒めの言葉が多かったことが
大変嬉しく感じました。
(本当は自分も褒めていただけるようにならないといけないのですが・・・)
景色はもちろん北川村の誇るものですが、
北川村村民の人間性を褒めていただけるのは
本当に誇らしい気持ちでいっぱいになります。

「住民」が1番のPRポイント!北川村!!
ステキや・・・
posted by 顕彰会 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

中岡慎太郎先生頌徳碑建立100周年記念祭

北川村小島にある「北川温泉ゆずの宿」前に
中岡慎太郎先生頌徳碑が建てられているのを
皆さんご存知でしょうか・・・?

安政の大飢饉
北川村も飢餓に苦しむ住民で溢れていました。
特に小島・和田・平鍋という地区はひどい状況に陥り、
命を落とす者も少なくありませんでした。
その時に、慎太郎は莫大な借金を背負いながらも
さつまいもをその3地区に買い与え、
当時、桐間蔵人(きりまくらんど)が管理する
非常用の米蔵を開けていただくようお願いしたそうです。


これによって3地区の住民は難を逃れることができたと言い伝えられています。
後の明治44年地元の青年団が、その功績に感謝の気持ちと敬意を込め
この頌徳碑が建立されました。



【神事】
しめやかに行われた神事では、北川村村長はじめ来賓の皆様が慎太郎先生へ
感謝の気持ちを込め祈りました。

CIMG0977.JPG



それから場所は小島集会所へと移り、イベントを行いました。

【講演会】
神事の後では、顕彰会アドバイザーの尾崎雅洋さんに講演会を開いていただき
頌徳碑建立のいわれ、慎太郎先生の功績について北川村の皆様と共に再認識しました。

CIMG0984.JPG


【ライブコンサート】
最後は、ライブコンサートを行い、お祝いと致しました。
歌手は大林 幸二さん!!
「維新の若虎」という中岡慎太郎の人生をつづった歌を歌っていただき
大変盛り上がりました。

CIMG0986.JPG




この100周年記念祭を機会に、小島・和田・平鍋地区をはじめとする
北川村の住民の皆様に中岡慎太郎の功績・偉業を再認識して頂くことができ
大変嬉しく思います。
私達も、より一層慎太郎先生の志を顕彰し村の発展に貢献していかねばと
気合いを入れなおすことのできた1日となりました。
posted by 顕彰会 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。