2011年09月19日

馬鹿珍傳


馬鹿と云へば、常人の常識より判じて、何處か抜けたる所ある人の事なるが、

土佐にては、更に珍の字を附して、馬鹿珍といふことあり。

馬鹿は馬鹿なるが、普通の馬鹿の爲し得ざることを爲す。

而して常人の意想外に出づ。

彼の畸人と云ひ、變り者と云ひ、英雄と云ひ、豪傑と云ひ、

志士と云ひ、仁人と云ひ、俠客と云ひ、聖人と云ひ、

君子と云う類の人はすべてみな常人の常識より云へば、一種の馬鹿珍なり。

而して天下の事多くは馬鹿珍の手に成る。 ・・・ 冒頭より



出だしの1ページからひきこまれたように
あっという間に読んでしまいました。
潔く、スパッと
時代を動かす「大馬鹿珍」を
おもしろおかしく賞賛した
大町桂月氏、最後の文書です。

読んだ後、爽快な気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

よかったら皆さんも是非♪



そういえば、そんな偉大なる馬鹿珍の一人「板垣退助」の
ヴィトンのトランク他41点が見つかったそうです!!

板垣退助といえば「自由民権化運動の主導者」
日本国民のために一生を捧げ、支持を得た政治家
高知の誇るべき土佐藩士

今月26日より「高知市立自由民権記念館」にて
一般公開されるそうですグッド(上向き矢印)

絶対行きましょう!!
偉大なる馬鹿珍がその時代を生きた証を
少しでも多く目に焼き付けましょう!!!




シルバーウィークの最初の3連休が終わりました。

今回は天候が悪かったにも関わらず

たくさんのお客様に来ていただき、

本当にありがとうございます。

その中でも今日は、名古屋から来訪して下さった

素敵なご夫婦と出会いました。


CIMG1356.JPG


旦那さんは龍馬ファンで、奥様は慎太郎ファンだそうです。

去年は長崎へ行き

今年は高知へ来て頂きました。

来年あたり山口ら辺で会えちゃったりして黒ハート
posted by 顕彰会 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。