2011年11月17日

命日

今日は11月17日中岡慎太郎の命日でした。

当時、利岡家に送られた京都・近江屋での

慎太郎の死を報告する手紙が

先日、慎太郎館にて展示されたことが

記憶に新しいのではないでしょうか。



一度回復し、「焼飯を食べたい」とまで言っていたそうですが

その後、体調が悪化し龍馬の死から2日後に亡くなったそうです。



板垣退助いわく

「もし2人が生きていれば龍馬は岩崎弥太郎のような商人に、

慎太郎は西郷と肩を並べるほどの政治家になっていただろう」



慎太郎が30年生き、活動した爪痕は

今の私たちの財産ではないでしょうか。




今日ご参拝に来て下さったお客様

11月12日に執り行われた北川村墓前祭にてご参拝下さったお客様

11月15日に京都霊山護国神社にて執り行われた京都墓前祭にてご参拝下さったお客様

ご来訪頂き誠にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

今日、慎太郎の遺髪墓地にはたくさんの花が手向けられました。


CIMG1544縮小版.JPG

土佐おもてなし勤王党 中岡慎太郎さんも来て下さいました。
posted by 顕彰会 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。