2011年11月17日

命日

今日は11月17日中岡慎太郎の命日でした。

当時、利岡家に送られた京都・近江屋での

慎太郎の死を報告する手紙が

先日、慎太郎館にて展示されたことが

記憶に新しいのではないでしょうか。



一度回復し、「焼飯を食べたい」とまで言っていたそうですが

その後、体調が悪化し龍馬の死から2日後に亡くなったそうです。



板垣退助いわく

「もし2人が生きていれば龍馬は岩崎弥太郎のような商人に、

慎太郎は西郷と肩を並べるほどの政治家になっていただろう」



慎太郎が30年生き、活動した爪痕は

今の私たちの財産ではないでしょうか。




今日ご参拝に来て下さったお客様

11月12日に執り行われた北川村墓前祭にてご参拝下さったお客様

11月15日に京都霊山護国神社にて執り行われた京都墓前祭にてご参拝下さったお客様

ご来訪頂き誠にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

今日、慎太郎の遺髪墓地にはたくさんの花が手向けられました。


CIMG1544縮小版.JPG

土佐おもてなし勤王党 中岡慎太郎さんも来て下さいました。
posted by 顕彰会 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

鴻上先生と行く向学の道

登ってきましたよ、「向学の道」!!
今回は北川村の観光協会が主催したものに参加させていただきました。
県立牧野植物園の職員もされている、鴻上泰(こうかみやすし)先生の
ご案内のもと、2時間弱の道程を歩いてきました。

CIMG1485縮小版.JPG


所々で足を止めては、植物の解説をしてくださる先生。
小さい頃から目にしているものの、その名前も知らなかった植物の
変わった生態などをわかり易くお話してくださいました。


CIMG1507縮小版.JPG


コースの中ほどには、慎太郎の幼名がついた「光次(こうじ)の並木」
もあり、顕彰会も少しばかりご説明を・・・(*^-^*)

CIMG1510縮小版.JPG
真下から見上げた感じ

先生曰く、杉の木だそうです。
昔から植林と言えば杉と決まっていたんでしょうかね??

CIMG1502縮小版.JPG
途中の木々の切れ間から見えた風景

手前に奈半利川、その向こうに野友地区が見えます。
幼少期の慎太郎が毎日手習いに通っていた漢方医の島村岳作宅は
ここにありました。


CIMG1497縮小版.JPG
野苺!

そんな感じで、植物と歴史と自然にふれた楽しい2時間でした!!
みなさんも機会がありましたら
ぜひ向学の道を登りに来て下さいね!!



posted by 顕彰会 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ゆずの郷まつり

ハートたち(複数ハート)昨日10月29日は、毎年恒例の北川村ゆずの郷まつりでした!

今回で24回目という地元ではお馴染みのイベントで
今年もたくさんの方にお越しいただきましたかわいい
会場は3会場に分かれており、そのうちの1カ所を慎太郎生家周辺
とし、いくつかの催し物をさせていただきました。

その一つが、和弓体験!

CIMG1463縮小版.JPG


慎太郎の時代には武士の嗜みのひとつであったという弓術を
今回はお子様や女性の方にもたくさん体験していただきました!!
手作りの弓を素手で引くというお手軽なものでしたが
参加者のみなさまには楽しんでいただけたようで
なかなか盛況でした!ぴかぴか(新しい)


CIMG1479縮小版.JPG
狙いを定めて・・・ 


生家庭内ではお抹茶の接待もしており
こちらもたくさんいらしていただきましたグッド(上向き矢印)


CIMG1473縮小版.JPG


ところどころに秋の野草花も飾ったりなどして
黄色く実ったゆずの木と相まって
なんともいえない風情がありましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
お客様にも和んでいただけたようで
何よりですかわいい

心配されたお天気も持ちこたえ
日差しの下では汗ばむほどあせあせ(飛び散る汗)の陽気となり
空もみなさまの笑顔も気持ちのいい一日となりましたわーい(嬉しい顔)


ご来場下さったみなさま
本当にありがとうございました!!!


次はいよいよ、11月12日(土)の北川村墓前祭です!!
こちらもたくさんの方のお越しをお待ちしておりますハートたち(複数ハート)

posted by 顕彰会 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

鴻上先生と歩く


11月6日(日)

「鴻上先生と歩く 向学の道」が

主催 北川村観光協会で催されます。



その「鴻上先生」とは誰ぞや??

―プロフィール―
鴻上 泰(こうかみ やすし)

1949年東京生まれ。安芸市在住。
高知大学文理学部卒業後、
高知県農林部、牧野植物園などにお勤め。
希少野生動植物種保存推進員、
土佐植物研究会幹事、
高知県文化財保護審査議員委員など、
多くの要職に就かれています。



そんな先生、昨日「11月6日 向学の道」に向けて

下見に来て下さっていました。


向学の道には、多くの地域特有の植物も生息しているそうです。

いただいたお土産かわいい


〔サツマルリミの木〕というそうです
CIMG1455縮小版.JPG


「綺麗だから」と持って来てくれました。

素敵ですぴかぴか(新しい)


何よりも先生が素敵です。

植物研究家の鴻上 泰先生と一緒に

向学の道の植物を楽しみながら、

慎太郎の見た景色の中を散策しましょうぴかぴか(新しい)



11月6日(日)

「鴻上先生と歩く 向学の道」

10:00  北川村「モネの庭」駐車場集合
     送迎バスで「向学の道 野川口」へ移動

10:15  散策開始

12:30  北川村柏木到着 <昼食(お弁当)>

14:00頃 送迎バスで北川村「モネの庭」駐車場へお送りします。

[無料送迎] 土佐くろしお鉄道ごめんなはり線「なはり」駅⇔モネの庭間送迎あり

      往路:なはり駅発 9:50 ※9:40着の電車に接続

【参加料】 1,500円(昼食代・保険料含む) ※当日集金

【申込・お問合せ】 北川村観光協会 080-2985-5647
          または info@kitagawakanko.net 

是非、お問合せしてみて下さい(o^^o)
posted by 顕彰会 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

来館者20万人突破記念

中岡慎太郎館の来館者数が

ついに今日20万人を突破しました!



記念すべき20万人目のお客様は

神奈川県、かのペリーが黒船で来航した浦賀から

お出で下さいましたぴかぴか(新しい)



館長より記念品贈呈

CIMG1446縮小版.JPG

顕彰会からもささやかながら

お土産物を贈呈させていただきました。




20万人ものお客様に来訪いただき、

ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな関係者の気持ちを察してか

ただの勘違いか・・・

慎太郎像横のしだれ桜が綺麗に咲いています。

CIMG1424縮小版.JPG


顕彰会は

これからもより多くのお客様に楽しんでいただけるよう

努力する慎太郎館を

支えていけたらと考えています。

来月11月12日から、慎太郎館では

秋季企画展「土佐勤王党展」が始まります。

是非、遊びに来てくださいかわいい

posted by 顕彰会 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕彰会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。